求人情報ココがウソ〜ダマすなよ人材派遣・工場派遣&バイト体験記 新しいサイト http://www.haken119.blogspot.jp/ に引っ越しました
『求人情報ココがウソ〜ダマすなよ人材派遣』は

引っ越しました。

5秒後に自動的に移動します。
 万一、移動しないようならば、ご面倒をおかけしますが……
http://haken119.blogspot.jp/
……をクリックしてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
@サイトを訪れてくださったみなさんへ……法律違反率 66.2%、人材派遣業の世界
人材派遣業界は悪評の多いところです。
取り締まり官庁は厚生労働省(労働局)です。毎年、「指導監督」というチェックに入ります。たいていは6割、7割の確率で労働者派遣法違反が見つかります。
……続き(クリック)
Aこのサイトで読み取ってほしいこと(私が非正規雇用労働者になったわけ)
「これって、お金に困った女の子が、風俗で働き始めるときに、こういう風に感じるのだろうか」とまで思いました。

といっても私は若い女の子ではありません。いい年したおっさんです。「なんでこの年になってこんなことせにゃいかんのか」。そう思いながら行った、派遣労働の体験記です。
……続き(クリック)

人材派遣は「応募者をだます」ことで成り立っている。“お人好し”はとことん便利に使われる

記事リスト

そもそも人材派遣とは

1.体験から考えるパート・バイト・派遣の違い

職場に入るまで

2.登録先の選び方・求人広告の見方

3.登録面接

4.事前面接(面談、職場訪問、見学)

5.就業条件明示書はここを見る

私の工場労働体験

15.私が出会ったトホホな人たち

16.ここがお粗末、製造工場

17.私が非正規雇用労働者になったわけ

経験からのアドバイス

18.派遣社員の働き方

職場に入ってから

6.トラブル発生時の対応

7.派遣切り・雇い止めへの対処

8.仕事内容が求人広告・契約と違う時は

9.契約期間中の辞め方

10.よくある違法行為

人材派遣を知る

11.用語

12.種類(登録型、常用型、紹介予定型)

13.派遣可能な業種・不可能な業種

14.歴史

☆番外☆

19.本音でつぶやき


※自己責任でおねがいします。 《派遣の代替案・リゾートバイト》
派遣元が絡んでいない分、雇用関係がシンプル
季節限定なので、期間がはっきりしている
生活の場まで変えるので、何もかもリセット
×体力的に厳しい種類のものもある
×時給が極端に安い場合がある
×慣れない土地に行くので踏ん切りが要る

2013年11月15日

人材派遣の用語E 専門26業務@

> 用語

法律違反頻発、抵触日回避のための契約上だけ26業務

人材派遣では数々ある業務のうち、2グループを特別扱いしています。

ひとつは原則禁止されていて、もし派遣するとしても一定の条件が付けられている「ネガティブリスト」です。現在は「港湾運送」「建設」「警備」「医療」の4つです。

もう一つがこの「専門26業務(法令26業務)」です。

専門26業務 9号 調査 18号 事業の実施体制の企画、立案
1号 ソフトウェア開発 10号 財務処理 19号 書籍等の制作・編集
2号 機械設計 11号 取引文書作成 20号 広告デザイン
3号 放送機器等操作 12号 デモンストレーション 21号 インテリアコーディネーター
4号 放送番組等演出 13号 添乗 22号 アナウンサー
5号 事務用機器操作 14号 建築物清掃 23号 OAインストラクション
6号 通訳・翻訳・速記 15号 建築設備運転・点検・整備 24号 テレマーケティングの営業
7号 秘書 16号 案内・受付、駐車場管理等 25号 セールスエンジニアの営業
8号 ファイリング 17号 研究開発 26号 放送番組等における大道具・小道具

「事務用機器操作」あたりは紛らわしい言葉でしょう。「事務用機器って、ファクスやコピー機??? ほかに何があったろうか?」と考えたかもしれません。が、これは「パソコンやソフトに習熟しての事務仕事」ぐらいの意味です。

【26業務は以前は「派遣可能な業務」】

この26の業務は……

@専門的な知識・技術・経験が必要

A就業形態・雇用形態などが特殊で、特別の雇用管理が必要

……という観点から選ばれています。

1986年7月の労働者派遣法施行当初は13でした。この時は今とリストアップされている意味が違いました。「人材派遣は原則禁止だが、例外としてこれらだけは認める」というものでした。「可能」ということから、「ポジティブリスト」と呼ばれます。

が、26にまで増えていた1999年に、扱いが変わります。

派遣そのものが「原則禁止」から、「原則可能」に変更されました。禁止されている業務の方が例外です。26種に限らず、ほぼ全部が可能になりました。

ポジティブリストとしての役割は終わったわけです。

【今は、無期限で派遣スタッフを使い続けることができる業種】

が、今も「専門26業務」として特別扱いされています。

これら以外は「抵触日」が設けられています。

「一つの職場では同種業務の派遣スタッフ受け入れが可能な期間は1年。職場での同意があれば3年」と決められています。派遣スタッフが途中で入れ替わっても、最初の人の初日からカウントは継続します。で、この終了の日が抵触日です。

が、この専門26業務に入っていれば、派遣スタッフの受け入れが何年でも可能なのです。

【「パソコン操作」が「便所掃除ほか」、「研究開発」が「検品」の隠れみの】

これがしばしば派遣先に悪用されます。

よくあるのは「事務用機器操作」と就業条件明示書などには記載しておいて、実際には事務所の雑用に使うパターンでしょう。ひどいときは弁当の買い出しや便所掃除までやらされていた例があります。

当人は「ちゃんと派遣での仕事が勤まるように」とパソコンのスキルを磨いていたのに、パソコンなどほとんど触れさせてもらえず、雑用にばかり走りまわされる……といったことになっているでしょう。

ほかには「通訳・翻訳・速記」がやはり事務所の雑用。「研究開発」が工場のでの検品作業…といった例があります。

正直に「一般事務」や「製造」での契約としていたら、1年ないし3年の期限を気にしなければならないのです。

【契約内容と実際が違ったら、契約し直すのが本来】

で、この26業務のうちのいずれかで雇用されている場合の注意点は、これ以外にもあります。

たとえば、「当初は契約通りにパソコンでの事務だった。が、次第に雑用が増えた」。「やっている仕事の中身は変わらないが、まったく違う場所に移動させられた」といったパターンでしょう。

また、逆に「一般事務だったのに、パソコンが使えるのが知られて、もっぱらエクセルばかり扱っている」といったように、内容的には26業務へと変更されているパターンもあるでしょう。

これらの場合は、現状に合ったように契約をし直すのが本来あるべき姿です。時給の見直しも必要になるかもしれません。

掛け合う先は派遣先ではなく、人材派遣会社です。

取り合ってもらえず、満足がいかないならば公的な相談場所に持ち込むことになるでしょう。
posted by PIPPA at 17:39| Comment(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

求人広告から判断する危ない人材派遣会社A

> 登録先の選び方・求人広告の見方

「若い仲間が働いています」って、それは法律無視の人材派遣会社 & 派遣先の証拠

「20〜30代の方が活躍中の活気のある職場ですよ」(テンプスタッフ)、「20代の方が活躍中です! 仲間に入りませんか」(アデコ)、「若い方も活躍中の活気ある職場環境です」、「20代から40代の方々が幅広く活躍中」、「女性の方が多数活躍中の職場です」(以上、テクノサービス)、「20代・30代の方が活躍中」(スタッフサービス)……

【「他の年齢層に比べて優先して募集」はアウト】

「マイナビ派遣」から抜き出した求人広告のフレーズです。

全部、違反です。

厚生労働省のサイトには「労働者の募集及び採用における年齢制限禁止の義務化に係るQ&A」として……

Q:年齢不問とした上で、「20代が主役の会社です」といった表現を記載することは問題ないでしょうか。

A:「20代が主役の会社です」という表現は、20代の社員が多いことを表現しているとも解されますが、会社が20代を他の年齢層に比べて優先して募集しているとの誤解を求職者に生じさせるおそれがないように努めていただく必要があります。


……とあります。


【「マイナビ」は雇用対策法違反のオンパレード】

これはちゃんと法律にも定められています。平成19(2007)年10月から施行されている改正雇用対策法です。求人で年齢制限をしたり、男女を限定することが禁止されているのです。

「マイナビ」は、人材情報サービスのポータルサイトです。特定の一社の情報だけではなく、広く人事供給関連の企業の情報を出しています。情報の内容も、就職、転職、アルバイトなどと一通り扱っています。

運営する「株式会社マイナビ」は元々は毎日新聞社の関連会社として設立されています。

また、スタッフサービス、アデコなどはいずれも業界内で売り上げ最上位の企業です。

【衆人環視の法律違反も、厚労省は放置】

つまり、「れっきとした」ということでは、これ以上ないところばかりです。

あえて、業界最大手ばかりピックアップしましたが、中小も似たようなものです。

堂々と法律違反を世間の目にさらしているのは驚きです。

また、これを取り締まらない厚生労働省も、だらしない組織というしかないでしょう。

【派遣先も前近代的な企業の可能性が高い】

こういった表現が募集広告に入っていないからといって、安心なわけではありません。

が、これがあれば、「職業人としてのモラルの低い人たちが扱っている案件である可能性は高い」と考えていいでしょう。

特に中小の業者で、どの広告もこういった表現になっているのならば、避けた方が無難です。

担当者の数が少ない分、「中にはまともな人もいる」ということも期待できません。

また、こういったフレーズが入っているのは、クライアント(派遣先)の意向ということもあるでしょう。となると、「派遣先も法律関連を把握できる人がいないような前近代的企業である」と考えていいでしょう。
ラベル:人材派遣会社

2013年10月09日

人材派遣で、変な辞めかたをしたら、ブラックリストに載るか?

> 契約期間中の辞め方

借金の場合ならば、ブラックリストに近いものはある。が、人材派遣にはない

契約期間より前に辞めようという人は少なくありません。

ちゃんと担当者と話し合って、円満に終了する人はいます。

が、一方では強引にやめる、それどころか、急に姿を消して、後は電話にも出ない、という人も多いようです。私の周りは全部、このパターンでした。

【バックレると、給料をもらいそびれる?】

バックレる時に考えておくべきことは、そこまで働いた分の給料を取りはぐれることです。働いた日数分はもらう権利はあります。が、振り込まれていなくても、こちらからは連絡しにくいでしょう。

週払いでも数日分になるでしょう。月払いなら締日との関係で、悪くするとほぼ一カ月分です。

そう気が付いて初めて、一日だけいて、翌日にはバックレる人が多い理由が分かったような気がしました。

【社内向けの記録は残るだろう】

で、バックレた場合にもうひとつ気になるのが、「ブラックリストに載らないか」ということでしょう。ネット上の相談コーナーでもよく見かけます。

この場合、ブラックリストは二つの種類が考えられるでしょう。

@その人材派遣会社内でのもの。

これはあるでしょう。「こんなやつ、二度と採用しない」です。

ただ、この業界、社員の定着率が悪いようです。しかも、事務管理能力も低いです。数年たったら、記録がなくなっている、あってもだれもチェックしない、という可能性はあります。

A同業他社で共有・閲覧されるもの。

多くの人が心配しているのはこれでしょう。が、ないです。存在しません

「ブラックリスト」が話題になるのは、いつも「それに載ったら困る」とビビっている人の話ばかりです。これだけ人材派遣業界の人が内部の暴露話を公開しているのに、「自分は見たことがある」とか「自分は持っている」といった話を、一回も聞いたことがありません。

一般社団法人・日本人材派遣協会も「ない」と断言しています。「各社で共有する」というものですから、「秘密で作って、隠し持っている」なんていうのも無理でしょう。もし、作っていたら、はっきりと「個人情報保護法」に引っかかります。

私は、全然違う業界ですが、同業他社の同じ担当者といつも出先で顔を合わせる仕事をしばらくしていました。その状況でも、ライバル関係にある社と、仕事の核心に当たるような情報を共有することなど全く考えられませんでした。

【借金の場合は、業者はよその情報を照会できる】

このブラックリストは、おそらく借金の場合のシステムからの連想でしょう。

「信用情報機関」というのが、いくつかあって、ここが情報を持っています。決して裏社会の存在ではなく、当たり前に企業活動をしています。

金融機関はここに照会します。それで「よそで借金を焦げ付かせている」「もういっぱいいっぱいの金額を借りている」といったことがバレます。

このように、「名前がずらりと並んでいて、各金融機関に資料として出回っている」というものではありません。また、「ここから、さらに貸していいかどうか」も、各社ごとの独自の判断です。

ですから、「ブラックリスト」という名前から連想されるような形式ではありません。が、「情報がよそにも回っている」ということでは確かです。もう一度念押ししておきます。これはあくまで、金融業界が持っているシステムです。人材派遣業界にはありません。

【どうせ相手は突っ込みどころ満載。バックレるより、不満をぶつける】

バックレるより、「求人広告にだまされた」「仕事内容と時給が合っていない」「職場の雰囲気・環境が悪い」などの不満があるのならば、堂々と担当者に突き付けてやりましょう。

「文句を言わせないだけのことをきっちりやっている」なんて人材派遣会社、ほとんど考えられないです。

大手であろう中小であろうと、本当にずさんで、常に労働局の是正指導の対象になっています。
posted by PIPPA at 22:50| Comment(2) | 契約期間中の辞め方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※自己責任でおねがいします。 《派遣の代替案・リゾートバイト》
派遣元が絡んでいない分、雇用関係がシンプル
季節限定なので、期間がはっきりしている
生活の場まで変えるので、何もかもリセット
×体力的に厳しい種類のものもある
×時給が極端に安い場合がある
×慣れない土地に行くので踏ん切りが要る
↑UP
■目次
進む→
←戻る

▲TOP

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。